家庭教師の意義

家庭教師(かていきょうし)とは、主に小学生から高校生に対して、家庭で勉強を教える私教師です。
実績という面や指導方法で言えば、プロの家庭教師のほうが大学生よりも上といえるでしょう。
プロと大学生の家庭教師では、結果に対する貪欲さに大きな差があるといえるでしょう。
子供に家庭教師を付けたいと考えた時、ではプロの家庭教師で、と簡単に選んでしまってよいのでしょうか?
また、大学生に比べて、プロの家庭教師はいったいどの程度の費用がかかるのか気になると思います。
家庭教師向きの子供は、一般的に基礎学力が低く、自分がそのことを理解できていない子供といわれています。
さらに、予習や復習といった家庭学習、自己学習をする習慣がまったくない子供は、家庭教師に向いているといえます。
学習費用は気になるところでしょう。家庭教師は契約形態にもよりますが、月に2~4万円程度が妥当なところでしょう。
プロの家庭教師はさらにその額は高くなります。しかしそのプロの意識を買う、教育のプロに子供を任せられると考えれば安いものかもしれません。
家庭教師選びの最大のポイントは、料金ではありません。大切なのは子供の学力アップであり、人としての成長にあります。
子供との相性の良し悪し、これが最も大切な家庭教師選びポイントだということを忘れてはなりません。
自然に子供に溶け込めるのは、やはり同じ年代の先輩である大学生だと言えるので家庭教師はプロにも大学生にも一長一短なのです。
[PR]
by rox_2nd | 2007-08-20 03:34 | 家庭教師関連


<< 英語deことわざ 家庭教師選びナビ >>