<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

家庭教師の意義

家庭教師(かていきょうし)とは、主に小学生から高校生に対して、家庭で勉強を教える私教師です。
実績という面や指導方法で言えば、プロの家庭教師のほうが大学生よりも上といえるでしょう。
プロと大学生の家庭教師では、結果に対する貪欲さに大きな差があるといえるでしょう。
子供に家庭教師を付けたいと考えた時、ではプロの家庭教師で、と簡単に選んでしまってよいのでしょうか?
また、大学生に比べて、プロの家庭教師はいったいどの程度の費用がかかるのか気になると思います。
家庭教師向きの子供は、一般的に基礎学力が低く、自分がそのことを理解できていない子供といわれています。
さらに、予習や復習といった家庭学習、自己学習をする習慣がまったくない子供は、家庭教師に向いているといえます。
学習費用は気になるところでしょう。家庭教師は契約形態にもよりますが、月に2~4万円程度が妥当なところでしょう。
プロの家庭教師はさらにその額は高くなります。しかしそのプロの意識を買う、教育のプロに子供を任せられると考えれば安いものかもしれません。
家庭教師選びの最大のポイントは、料金ではありません。大切なのは子供の学力アップであり、人としての成長にあります。
子供との相性の良し悪し、これが最も大切な家庭教師選びポイントだということを忘れてはなりません。
自然に子供に溶け込めるのは、やはり同じ年代の先輩である大学生だと言えるので家庭教師はプロにも大学生にも一長一短なのです。
[PR]
by rox_2nd | 2007-08-20 03:34 | 家庭教師関連

家庭教師選びナビ

家庭教師のトライなど、多くの大学生家庭教師を抱えているところや、家庭教師のふくろう先生などのプロの家庭教師を扱う会社の二種類があります。
受験勉強の方法から、中間や期末試験の対策方法や、勉強のテクニックもプロの家庭教師ならではの戦略を持っています。
ではいったい、プロと大学生の家庭教師、そのどちらを選ぶべきなのでしょうか。
そして学習塾と比べて家庭教師の費用はどれほどかかるのでしょうか。
家庭教師に向く子供というのは、内気で質問が上手く出来ず、勉強の不明点を理解できない子供と言われています。そして、学校の勉強についていけない、速度についていけない子供も、また家庭教師向きであるといえるでしょう。

家庭教師の費用も、それがプロとなれば、当然専門家ということになるのでかかる費用は2倍くらいにはなるでしょう。家庭教師の選ぶポイントを、実績だけ、プロか大学生かだけ、料金だけで決めてしまってはほとんどの場合後悔することになります。
家庭教師選びの最大のポイントは、料金でも、プロでも大学生でもなく、子供との相性が良いかどうかです。家庭教師選びは慎重に。プロか大学生か、という以前に、子供との相性を第一に考えましょう。
[PR]
by rox_2nd | 2007-08-18 05:59 | 家庭教師関連

家庭教師の契約

家庭教師には家庭教師業者が仲介料を取る形と、教材をセットで売り運営していく形と、その両方でやっている形などがあります。
家庭教師は塾と比べると劣る、といわれていますがプロの家庭教師でしたらどうでしょうか?親としてもこの家庭教師になら任せて安心、と思える家庭教師にめぐり合いたいでしょう。それではどういった子供にプロや大学生の家庭教師を付けるべきなのでしょうか?
また、忘れてはいけない点として、家庭教師の費用、月謝の問題があります。
積極的に質問ができ、わからないことをわからないといえる子供には、家庭教師は必要ないかもしれません。
さらには学習塾に通っているが、復習をする習慣が無い為に成績の上がらない子供には家庭教師にその習慣をつけてもらうという方法もあります。
学習費用は気になるところでしょう。家庭教師は契約形態にもよりますが、月に2~4万円程度が妥当なところでしょう。家庭教師もプロになればさらにその料金は増えます。少なくとも大学生の1.5倍から2倍以上になることもあります。
家庭教師の選ぶポイントを、実績だけ、プロか大学生かだけ、料金だけで決めてしまってはほとんどの場合後悔することになります。
家庭教師を選ぶ際に最も大切にして欲しいのは、家庭教師と子供とが合うのかどうか、という点です。やはりプロの家庭教師の方が安心と結果を買えるという点で、大学生より良いといえるでしょう。
[PR]
by rox_2nd | 2007-08-18 05:41 | 家庭教師関連