タグ:プロ家庭教師 ( 2 ) タグの人気記事

家庭教師の契約

家庭教師には家庭教師業者が仲介料を取る形と、教材をセットで売り運営していく形と、その両方でやっている形などがあります。
家庭教師は塾と比べると劣る、といわれていますがプロの家庭教師でしたらどうでしょうか?親としてもこの家庭教師になら任せて安心、と思える家庭教師にめぐり合いたいでしょう。それではどういった子供にプロや大学生の家庭教師を付けるべきなのでしょうか?
また、忘れてはいけない点として、家庭教師の費用、月謝の問題があります。
積極的に質問ができ、わからないことをわからないといえる子供には、家庭教師は必要ないかもしれません。
さらには学習塾に通っているが、復習をする習慣が無い為に成績の上がらない子供には家庭教師にその習慣をつけてもらうという方法もあります。
学習費用は気になるところでしょう。家庭教師は契約形態にもよりますが、月に2~4万円程度が妥当なところでしょう。家庭教師もプロになればさらにその料金は増えます。少なくとも大学生の1.5倍から2倍以上になることもあります。
家庭教師の選ぶポイントを、実績だけ、プロか大学生かだけ、料金だけで決めてしまってはほとんどの場合後悔することになります。
家庭教師を選ぶ際に最も大切にして欲しいのは、家庭教師と子供とが合うのかどうか、という点です。やはりプロの家庭教師の方が安心と結果を買えるという点で、大学生より良いといえるでしょう。
[PR]
by rox_2nd | 2007-08-18 05:41 | 家庭教師関連

プロの家庭教師情報

プロ家庭教師は、大学生の家庭教師とは異なり、常識と責任感を持ったプライドある社会人です。

家庭教師は塾と比べると劣る、といわれていますがプロの家庭教師でしたらどうでしょうか?

優しい家庭教師、を求めるのではなく、結果を出すための家庭教師としてはやはりプロが安心ですね。

プロの家庭教師なら安心、大学生の家庭教師は選ぶべきではない、ということでしょうか?

また、忘れてはいけない点として、家庭教師の費用、月謝の問題があります。

家庭教師に合う子供は、内向的で自分から質問などがうまくできない、疑問をそのままにしてしまう子供です。

そして、学校の勉強についていけない、速度についていけない子供も、また家庭教師向きであるといえるでしょう。

親にとって気になる家庭教師にかかる費用ですが、家庭教師派遣センターとの契約をするのなら3~5万円と考えておきましょう。

プロの家庭教師はさらにその額は高くなります。しかしそのプロの意識を買う、教育のプロに子供を任せられると考えれば安いものかもしれません。

しかし料金をポイントにして、家庭教師という選択をしないほうが賢明といえるでしょう。

どんなに高い料金を払っても、子供とも親とも上手くコミュニケーションが取れない、性格が合わないのであれば意味がありません。

大切なのは親のサポートであり、家庭教師に対する毅然とした態度も時には必要になります。


[PR]
by rox_2nd | 2007-04-24 05:54 | 家庭教師関連