タグ:学習塾 ( 3 ) タグの人気記事

家庭教師の意義

家庭教師(かていきょうし)とは、主に小学生から高校生に対して、家庭で勉強を教える私教師です。
実績という面や指導方法で言えば、プロの家庭教師のほうが大学生よりも上といえるでしょう。
プロと大学生の家庭教師では、結果に対する貪欲さに大きな差があるといえるでしょう。
子供に家庭教師を付けたいと考えた時、ではプロの家庭教師で、と簡単に選んでしまってよいのでしょうか?
また、大学生に比べて、プロの家庭教師はいったいどの程度の費用がかかるのか気になると思います。
家庭教師向きの子供は、一般的に基礎学力が低く、自分がそのことを理解できていない子供といわれています。
さらに、予習や復習といった家庭学習、自己学習をする習慣がまったくない子供は、家庭教師に向いているといえます。
学習費用は気になるところでしょう。家庭教師は契約形態にもよりますが、月に2~4万円程度が妥当なところでしょう。
プロの家庭教師はさらにその額は高くなります。しかしそのプロの意識を買う、教育のプロに子供を任せられると考えれば安いものかもしれません。
家庭教師選びの最大のポイントは、料金ではありません。大切なのは子供の学力アップであり、人としての成長にあります。
子供との相性の良し悪し、これが最も大切な家庭教師選びポイントだということを忘れてはなりません。
自然に子供に溶け込めるのは、やはり同じ年代の先輩である大学生だと言えるので家庭教師はプロにも大学生にも一長一短なのです。
[PR]
by rox_2nd | 2007-08-20 03:34 | 家庭教師関連

プロの家庭教師情報

プロ家庭教師は、大学生の家庭教師とは異なり、常識と責任感を持ったプライドある社会人です。

家庭教師は塾と比べると劣る、といわれていますがプロの家庭教師でしたらどうでしょうか?

優しい家庭教師、を求めるのではなく、結果を出すための家庭教師としてはやはりプロが安心ですね。

プロの家庭教師なら安心、大学生の家庭教師は選ぶべきではない、ということでしょうか?

また、忘れてはいけない点として、家庭教師の費用、月謝の問題があります。

家庭教師に合う子供は、内向的で自分から質問などがうまくできない、疑問をそのままにしてしまう子供です。

そして、学校の勉強についていけない、速度についていけない子供も、また家庭教師向きであるといえるでしょう。

親にとって気になる家庭教師にかかる費用ですが、家庭教師派遣センターとの契約をするのなら3~5万円と考えておきましょう。

プロの家庭教師はさらにその額は高くなります。しかしそのプロの意識を買う、教育のプロに子供を任せられると考えれば安いものかもしれません。

しかし料金をポイントにして、家庭教師という選択をしないほうが賢明といえるでしょう。

どんなに高い料金を払っても、子供とも親とも上手くコミュニケーションが取れない、性格が合わないのであれば意味がありません。

大切なのは親のサポートであり、家庭教師に対する毅然とした態度も時には必要になります。


[PR]
by rox_2nd | 2007-04-24 05:54 | 家庭教師関連

家庭教師・塾・受験関連リンク

家庭教師のトライなど、多くの大学生家庭教師を抱えているところや、家庭教師のふくろう先生などのプロの家庭教師を扱う会社の二種類があります。

プロの家庭教師は数こそ少ないですが、元塾講師などが多く、また子供の扱いにもなれた人が多いです。

大学生の家庭教師では不安になる、「遊んでばかりいないか」ということも、プロの家庭教師なら問題ないでしょう。

ではいったい、プロと大学生の家庭教師、そのどちらを選ぶべきなのでしょうか。

また、家庭教師を子供につけるのにはどの程度の費用がかかるのでしょうか?

また、塾に通っているがついていけていない、結果が全くでないといった子供は、家庭教師で大きく伸びることが多いようです。

家庭教師のプロに任せる場合は、その額は上記の倍近く、それ以上かかるかも知れませんが、その額だけの効果は期待してよいと思われます。

家庭教師は一対一というメリットと、反対のデメリットがあることを忘れてはいけません。

どんなに高い料金を払っても、子供とも親とも上手くコミュニケーションが取れない、性格が合わないのであれば意味がありません。




[PR]
by rox_2nd | 2007-04-15 05:04 | 家庭教師関連